CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
竹林の筍
ハナミズキ、藤の花、ライラック、モッコウバラ...



百花繚乱、春真っ盛り。
一番好きな季節です。



ご近所のせせらぎには鴨君がいるんですよ〜。
水の中に頭突っ込んで何か食べてるのかな?



竹林の筍はニョキニョキ伸びてこんな事になってます。
黒っぽいのが数本、見えるかな?





| diary | 08:00 | comments(0) | - | pookmark |
和布チクチクの会、椿、作りました〜!
季節はちょっと遅れちゃったけど、久々の和布チクチクの会の新作です。



作業のプロセスが沢山あって、なかなかの強敵でしたけど、出来上がったらとってもステキで満足〜!

でも、2個目を作ることはないかな〜?

本日のおやつ、あられ。
ネーミングがナイス!!



品名は「よいしょ もちあげ」
これだけでも買いたくなっちゃいますね。
なかなかです!




| 和布チクチクの会 | 17:11 | comments(0) | - | pookmark |
「ちりめん細工の今昔」展
たばこと塩の博物館で開催されている「ちりめん細工の今昔」を見に行ってきました。



たばこと塩の博物館は以前は渋谷にあったのですが、今はスカイツリーの近く、押上にあります。

まずはいきなりランチ。
「日本橋玉ひで」で親子丼。



カウンター席のみです。



青空にスカイツリーが映えます。
近くの桜はもうすぐ咲きそう。



ちりめん(縮緬)は細やかな「しぼ」をもつ優しい絹織物。
そのちりめんの残り布で作られた裁縫お細工物が「ちりめん細工」です。
江戸時代、御殿女中や武家、商家などの裕福な女性達によって生み出され、工夫されて受け継がれたちりめん細工は本当に細かくて手が込んでいてびっくりです。
これは袋物の底の部分。見えない所にここまでのこだわり!!




これは、つまみ細工。

つまみ細工は江戸中期に京都で考案され宮中の侍女たちによって伝承されました。



こちらは、きりばめ細工。

きりばめ細工は布地に一部を切り取った後、別裂をその形に切り取ってはめ込んだもので、とても高い技術を要しました。



押絵。

押絵は、絵を部分に分けて型紙を起こし、厚紙を切り、それぞれに綿をのせ、縮緬などでくるんだ部分を張り合わせていく手芸です。



江戸時代に宮中の女房達の間で始まり、江戸城大奥に伝わり、やがて武家の女性たちに広まっていきました。



明治時代、押絵は女性のたしなみとして女学校の教材に盛んに取り上げられました。



巾着や小箱、袋物などに用いられています。





子供に付ける迷子札。
裏に住所、名前などが書かれています。







現代のちりめん細工も。





細かい〜〜!!









カラフルで綺麗!



お雛さま



季節ごとの飾り物。



作り方も。



おなじみの吊るし飾りもたくさん!



江戸時代から続く女性の手仕事の素晴らしさを堪能しました。



最後に「梅園」でおやつ。
充実の一日でした。





| 和布チクチクの会 | 18:56 | comments(0) | - | pookmark |
お城?
ウチのご近所のお城。



みたいだけど、結婚式場です。
時々、鐘が鳴ります〜!



夜の方が雰囲気がありますね〜。
ステンドグラスが綺麗そうなので、一度中に入ってみたいなぁ、と思ってるのですが今のところご縁がありません〜。


| diary | 10:12 | comments(0) | - | pookmark |
2018 初詣
お正月三が日のうちに初詣するのは初めてかもしれません。



目黒不動尊へお参りです。
「ゲアラカ」って何? と思ったら「カラアゲ」でした。

お祭り屋台が沢山出ています。



この階段を上がると、



もっとわんさか人がいて押すな押すなかと思ったら拍子抜け。



芋ようかんの舟和がお店を出していました。



「家内安全」と「福寄せの熊手」を買いました。
古いお札やお守りはお炊き上げに回収してもらえますが、「他社のものは受け付けません」ですって。
「排除」ってやつですか?

どうしてでしょうね。
もっと広い心で受け入れていただきたいものです。



境内には七福神の恵比寿さまもいらっしゃいます。



金運もぜひお願いします。





お参りも無事済んだので、すぐそばの「八つ目や にしむら」へ。



11時開店の少し前だったので、強い風が冷たかったけど頑張って並びました。
テーブル席を希望すると、少し離れたこちらに案内されます。



うなぎ 上 肝吸い、お新香つき



蓋に目黒不動が描かれています。




美味しくいただきました。
さぁ、今年も元気に頑張りましょう〜!
| diary | 16:11 | comments(0) | - | pookmark |
<< | 2/65PAGES | >>