CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 花と器のハーモニー 2018 〜1 | main | 和布チクチクの会 梅のピンクッション >>
花と器のハーモニー 2018〜2
エリスマン邸は志穂美悦子さんがお花のアレンジをしています。



テーマは「色が織りなす百花繚乱、色香繚乱」





心なしかダイナミックな印象です。











斜め向かいの山手234番館。



こちらは川崎景太さんのお花。



テーマは「時空を超え暮らしに息づく花」





ところで、ずっと以前から気になって心配だった、ゲーテ座となりの木々が生い茂っていた空き家が、ついに、ついに取り壊されていました。



一昨年の暮れ、クリスマスの展示を見にきた時、測量をしていたので「あぁ、いよいよなのかなぁ」と、ちょっと覚悟はしてたのですが、更地を見るとやっぱり寂しいですね。



跡地には何が建つのでしょう?
できれば山手の雰囲気を損なわないようなイメージの建物になってほしい、と祈るばかりです。
もし、今はなき空き家をご覧になりたい時は当ブログの「横浜山手西洋館 世界のクリスマス 2016 イギリス館」をご覧くださいませ。

気を取り直してイギリス館。



テーマは「ブリティッシュレディを夢見て」








ついでに敷地内の港の見える丘公園のお花達を眺めて...。



バラと紫陽花がきれいでしたが、足元の小さな花たちに惹かれます。









最後は山手111館。



テーマは「The Eternal Rose」





トイレのお花がいい感じでした。



おまけ
西洋建築の装飾で必ず見るアカンサスの葉。白いのを見かけました。 びっくり!




| flower | 10:43 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする