CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
「ちりめん細工の今昔」展
たばこと塩の博物館で開催されている「ちりめん細工の今昔」を見に行ってきました。



たばこと塩の博物館は以前は渋谷にあったのですが、今はスカイツリーの近く、押上にあります。

まずはいきなりランチ。
「日本橋玉ひで」で親子丼。



カウンター席のみです。



青空にスカイツリーが映えます。
近くの桜はもうすぐ咲きそう。



ちりめん(縮緬)は細やかな「しぼ」をもつ優しい絹織物。
そのちりめんの残り布で作られた裁縫お細工物が「ちりめん細工」です。
江戸時代、御殿女中や武家、商家などの裕福な女性達によって生み出され、工夫されて受け継がれたちりめん細工は本当に細かくて手が込んでいてびっくりです。
これは袋物の底の部分。見えない所にここまでのこだわり!!




これは、つまみ細工。

つまみ細工は江戸中期に京都で考案され宮中の侍女たちによって伝承されました。



こちらは、きりばめ細工。

きりばめ細工は布地に一部を切り取った後、別裂をその形に切り取ってはめ込んだもので、とても高い技術を要しました。



押絵。

押絵は、絵を部分に分けて型紙を起こし、厚紙を切り、それぞれに綿をのせ、縮緬などでくるんだ部分を張り合わせていく手芸です。



江戸時代に宮中の女房達の間で始まり、江戸城大奥に伝わり、やがて武家の女性たちに広まっていきました。



明治時代、押絵は女性のたしなみとして女学校の教材に盛んに取り上げられました。



巾着や小箱、袋物などに用いられています。





子供に付ける迷子札。
裏に住所、名前などが書かれています。







現代のちりめん細工も。





細かい〜〜!!









カラフルで綺麗!



お雛さま



季節ごとの飾り物。



作り方も。



おなじみの吊るし飾りもたくさん!



江戸時代から続く女性の手仕事の素晴らしさを堪能しました。



最後に「梅園」でおやつ。
充実の一日でした。





| 和布チクチクの会 | 18:56 | comments(0) | - | pookmark |
和布チクチクの会 麻布のコースター
久々のご紹介。
今月は麻布で涼しげなコースターを作ります。

先生の見本。



そして、ひとつ出来上がり!



なぜか先生のようにきちんと角が出なくてきれいな四角になりませんね〜。
どうしてかなぁ〜?

2枚目、できました〜!



もっと違う柄の生地を使ったらまた違ったイメージのコースターができそうですね〜。
| 和布チクチクの会 | 19:33 | comments(0) | - | pookmark |
酉年〜!
1月はチクチクの会はお休みなのですが、先生のお宅に伺ったらお玄関が酉年のしつらえになっていたので、お写真1枚いただきました〜。



ちょっとユーモラスな表情の鳥さん、かわいいです〜。

| 和布チクチクの会 | 17:33 | comments(0) | - | pookmark |
和布チクチクの会 11&12月
11月と12月はおひな様を作ります〜。



縫うというよりは、厚紙に布地を貼ったものをボンドで貼り合わせていく感じです。



布地を選んで色合わせしたり、切ったりするめんどくさ〜い下処理作業は先生が全部あらかじめ用意しておいて下さったので、とっても楽チン〜!!



まずは男雛ができあがりました。

完成が楽しみです〜!
| 和布チクチクの会 | 10:37 | comments(0) | - | pookmark |
和布チクチクの会 小さめポーチ
チクチクの会、8月はお休みなので、久々の新作です。

小さめのポーチ。

先生の見本。



藍染めの生地を使って。

できました〜!


裏地の赤が効いてるでしょ? と、自画自賛〜??
| 和布チクチクの会 | 12:38 | comments(0) | - | pookmark |
和布チクチクの会 メガネ入れ
今回は夏らしく涼しげな麻布を使ったメガネ入れです。

こちらは先生の見本。



私はちょっと変えて、巾着にしてみました。



出来上がったのはこちら。



麻布は夏らしくてやはりいい感じです〜!


この後、もう1つ、ちょっとデザインを変えて作ってみました〜。


| 和布チクチクの会 | 20:23 | comments(0) | - | pookmark |
和布チクチクの会 小銭入れ
ファスナー付きの小銭入れに挑戦。

先生の見本。



大島紬で作ってあります。



私は藍染めで夏らしい感じに。



でもね、まだこのままの状態で完成してません。

そのうちゆっくりやろうと思います〜。
| 和布チクチクの会 | 13:38 | comments(0) | - | pookmark |
和布チクチクの会 新作!
チクチクの会もいつの間にか2年のキャリアになりました。

新作はこの巾着!
これは先生の見本。



作り方がちょっと変わってて、実はとても簡単!ということで、名付けて「目からウロコの巾着」



裏布の使い方がポイントです。
ちょっと大きめのサイズで作らせていただきました。

出来上がりはこちら!



やっぱり、もう少し小さいのも作ってみようと思います〜。

| 和布チクチクの会 | 14:01 | comments(0) | - | pookmark |
チクチクの会 10作品目
チクチクの会、最新作はこれ!



先生の見本はデジカメが入るくらいの丁度いい大きさだったのですが、作ってみたらちょっと寸法を間違ったみたいで、少し小さめになってしまいました。

こちらは裏側。



仕方がないので、これは何か違うものを入れて使おうと思います。

何を入れたらいいかな?

先生作のお猿さん。
「見ざる、言わざる、聞か猿」



そして、もうすぐお雛様。


| 和布チクチクの会 | 23:44 | comments(0) | - | pookmark |
チクチクの会 8作品目
毎月一回のペースで楽しんでいるチクチクの会の8作品目はうさちゃんの巾着。

女の子の古い着物でとてもよい物が手に入ったので、という、先生お勧めの作品です。



巾着ですが、手としっぽがついているので、中にちょっと詰め物をしてふっくらさせてお玄関に置くと、うさちゃんが「いらっしゃいませ!」をしているようでとてもかわいいです〜。
| 和布チクチクの会 | 13:42 | comments(1) | - | pookmark |
| 1/2PAGES | >>