CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
紅葉の日光 一泊旅行 2
2日目は昨日来た道を1時間ほど戻って日光へ。
さすがに朝は冷え込みました。

まずは東照宮。



五重の塔。



門を入った所でイヤホンガイドを借りました。



有名な「「見ざる、言わざる、聞かざる」は、8面ある猿の(人の?)一生の場面の子供時代です。



陽明門は修復工事中。

こちらは「唐門」



眠り猫。



杉木立の中の長い階段を上って奥宮へ。
徳川家康の墓所があります。

登りは大変だったので、下る時の写真を。



とても大きくて立派な石が使われてます。



諸国の大名が徳川家のためにあれこれ尽力した様子がガイドの説明でわかります。







細部に至るまで、当時の技術の粋が集約されています。



次は二荒山神社へ。



立派な杉がご神木になっています。



日光はほんとに杉が多かったです。

とてもきれいな紅葉で絵になる小道。



最後は輪王寺大猷院(だいゆういん)へ。



徳川家光の廟所です。



入り口の紅葉がきれいです。



仏寺式の霊廟で、仁王門、二天門、夜叉門と続き拝殿へとあがっていきます。



家光の頃には徳川幕府の権力も安定して、諸国の大名に寄進させた立派な灯籠が並んでいます。



夜叉門。



この時期、11/30まで家康の400回忌によせて拝殿で家康の位牌が初公開されています。(撮影は禁止!)

帰りに鰻を食べて、



羽生SAで江戸情緒を楽しんで帰ってきました。








| | 11:45 | comments(0) | - | pookmark |
紅葉の日光 一泊旅行
晩秋の週末、一泊で日光へ行ってきました。
前はいつ行ったのか思い出せないくらいのお久しぶりです。

宿泊は湯西川温泉。
日光から車で1時間くらい北上して、福島県南会津にもう少しという所。

途中、深山茶屋というお蕎麦屋さんで昼食。





太い柱が重厚な古民家です。



天ぷらそば。



きのこそば。



天ぷらはサクサクでした。

途中、湯西川観光センターの前の雄大な眺め。



紅葉はもう少し先ですね。



お泊りは、湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの里 平家の庄。



越後国、上杉謙信ゆかりの寺から譲り受けたという山門。



1718年(享保3年)創業の源泉湯宿だそうです。





ロビー。



フロント、「お勘定場」の方がぴったりですね。



とても趣があります。





館内は古民家の欄間や時代箪笥や民具などが沢山!





レトロ好きの心を満たす満足の宿です。





お風呂は大浴場と貸切露天風呂が6つ。

貸切露天風呂「小舟の湯」
湯西川が見えて、紅葉も見えて気持ちいいです。



お風呂は24時間いつでも入れるのがよかったです。

お食事は、築150年の旧栗山村村長宅を再生した「囲炉裏ダイニング"蔵"」で。



炉端料理やかまど料理、それに小鉢のビュッフェ。

沢山種類がありますが、小鉢に少しずつなので「試食」のようにあれこれ食べられます。

朝食も少しずつ色々食べられて、大皿から取るより見栄えもいいし、時間短縮にもなって、なかなかよいアイデアだと思いました。



翌日はいよいよ日光観光をします〜。


| | 14:24 | comments(0) | - | pookmark |
古都 鎌倉 紫陽花をたずねて・・・  弐
長谷寺の門前にある浅羽屋さん。 

お店の入り口に変わったあじさいの鉢植えが・・・。
ご親切に名前が付いてましたが、メモしなかったので
あっさり忘れました。 




たしか、どちらかは「ダンスパーティー」だったような・・・?




浅羽屋さんで昼食。 「かまくら野菜とシラス丼」
生シラスではなく、釜揚げシラスです。




成就院。 東結界から入ります。




ブルーと白のグラデーション、大好きです




階段の途中から振り返ると、由比ガ浜が見えます。




成就院には、縁結びのパワースポットとして最近注目の
不動明王の像があります。

西結界から退出。 この順序でよかったのか不明・・・。





「力餅家」さん。
店員さんがひとりしかいないので、必然的に行列が・・・。
お店の作戦・・・? (パート募集の張り紙あり!)




御霊神社近くにある、てぬぐいカフェ 「一花屋」(いちがや)さん。



民家を改造した、風情あるカフェです。
玄関から靴を脱いであがると、(思わず「おじゃまします」・・・)
畳の和室にちゃぶ台とお座布団が敷いてあります。

小さいけど和のお庭。 雨に濡れると一段と緑が映えます。
縁側にも、テーブルとイスがあります。



長谷寺では 「大吉だんご」を食べたし、「鎌倉いとこ」では
かぼちゃのきんつばを買ったし、ジェラート屋さんは定休日で
残念だったけど、
鎌倉はさすが!「観光地」っていう感じで
目にもお腹にも楽しい一日でした。

                                                         ・・完・・
| | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
古都 鎌倉 紫陽花をたずねて・・・  壱
 6月最後の月曜日、久々に会う懐かしいお友達と
鎌倉に紫陽花を見に行ってきました。

鎌倉駅で江ノ電に乗り換えて 長谷駅下車。



長谷寺〜光則寺〜御霊神社〜成就院〜極楽寺 という
ルートでまわりました。
それぞれのお寺が意外に近くて、思ったほど時間は
かかりませんでした。



この時期、土日だとすごい人出で、長谷寺は番号札を配って
入場制限して、待ち時間40分・・・とか聞いてましたが、
当日は平日だったせいか、すんなり入れました。



いろんな種類の紫陽花が楽しめます。

くるんとカールしたかわいいあじさい(お気に入り




おだやかなお顔のお地蔵さま。




涼やかな竹林の向こうにあじさい。




なごみますねぇ〜。  あじさいがちょこんと乗っています。




濃いブルーが印象的です。



長谷寺で鎌倉マップの書かれたうちわをいただきました。
これが、迷子になりそうになった時、とっても役に立ちました。
ありがと〜

                       ・・・つづく


| | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドイツ クリスマスマーケットの旅 6  ルフトハンザ714便
 2010年12月16日〜
帰国の朝です。
ブッフェの朝食。
ホテル発が9:15 と遅めなので、ちょっとゆったりお食事できました。



当初、ツアーのパンフレットでは、帰国もフランクフルト発だったのですが、
最終案内が来たら、ミュンヘン発になっていました。



バスでの移動中、何度かこのようなドライブインでトイレ休憩しました。
トイレの便座をぐるっと一周廻って自動で洗浄するトイレがあってびっくりしました。



こちらが、今回のツアー中、お世話になったバス。
(ドイツ人には座席が絶対狭すぎると思うのですが・・日本人仕様のバス・・?)



ミュンヘン空港に着きました。



折からの寒波で、フランクフルト空港以北は雪で空港閉鎖とのこと。
ミュンヘンから乗り継ぎでフランクフルト発便で日本に帰国するツアーの人達が
足止めされていました。
私達も当初の予定通りフランクフルト発だったら帰ってこれなかったところでした。



ルフトハンザ LH714便  15:35 ミュンヘン発



またまた長い空の旅が始まります。 



楽しみはお食事・・・




でも、Pua Nani は気づいてしまいました。
お食事は出発便の方がおいしかった!
なぜなら・・・多分・・・出発便のお食事は日本で調理してるから。
きっと、日本人のPua Nani の舌にあってたのだと思います。



ルフトハンザのCA は、男性も多くてイケメン揃い
しかもフレンドリーでした
そうそう、フランクフルトに到着した時は、女性客にバラの花を一輪ずつ
プレゼントしてくれました。
(多分、ファーストクラスに飾ったもの、と思われます・・・)



この、パーソナルテレビとおいしいお食事があれば、12時間弱の
フライトもたまにならOK 



こちらは、往きのフランクフルト便ですが ↑ 、クリスマスシーズンらしく、
機内にクリスマスリースが飾ってありました。

駆け足で巡ったドイツのクリスマスマーケットでしたが、雰囲気は充分
味わえて楽しかったです。
そんなに寒く感じなかったし、この次はもうちょっと余裕をもって、
じっくり堪能してみたいな  



| | 05:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドイツ クリスマスマーケットの旅 5  ノイシュバンシュタイン城
 2010年12月16日〜
今回の旅で、唯一の観光は、ノイシュバンシュタイン城でした。
白鳥城とも呼ばれ「これぞ、ヨーロッパのお城」っていう感じ。
ディズニーランドのシンデレラ城のモデルになったお城
ともいわれている、ドイツ旅行でははずせない観光スポットですネ。



20分くらいかけて、坂を上がっていきます。
出発のタイミングがよければ、馬車に乗ってあがるという手もあります。



このクリーム色の建物の前から馬車が出ます。 ↑



お城の全容が見えてきました。
1869年、第4代バイエルン国王ルードヴィッヒ2世によって建てられました。
バロック、ゴシック、ルネッサンスなどの建築様式を取り入れて、内部も
豪華絢爛な造りですが、国王の死によって未完成のままになっています。



カーブを右に曲がるとお城の入り口があります。
お城にお金をかけすぎて、政治を省みなかった国王は、
王位を剥奪された翌日、湖で謎の死をとげたそうです。



こちらが入り口です。 ↑



入るとすぐ、ちょっとした広場があって、入場待ちの観光客が
思い思いに写真を撮ったりしています。
ちなみに、入場チケットは 8 eur



中央に見える電光掲示板にチケットの予約番号が表示されたら、
ゲートから中に入っていきます。

色々な国の人がいるので、それぞれの言語の案内用イヤホンを渡されます。
ガイドに従って、イヤホンの説明を聞きながら場内を廻ります。
残念ながら、場内は撮影NG です。

今回のツアーでは、ノイシュバンシュタイン城観光にお食事もついてました。



こちらが、お食事をしたレストラン兼ホテル リスル&イエーガーハウス



お野菜てんこもり!



ジャーマンステーキ・・・だそうです。



ミルクプリンみたいな感じ。
とても愛想のいいおじさんが飲み物のサービスをしてくれます。(有料)



レストランの窓ガラスにホーエンシュヴァンガウ城が映りこんでます! ↑



こちらが、ホーエンシュヴァンガウ城。
ルードヴィッヒ2世が少年時代を過ごしたお城です。
ノイシュヴァンシュタイン城のすぐ近くなので、セットで観光することができます。
この次があったら、こちらのお城も見てみたいな!


<おまけ>
こちらは、2泊目に泊まったニュルンベルクのホテル ARVENA PARK


朝、出発の時の画像ですが、この時期ドイツの日の出は遅くて、
8時半くらいにやっと明るくなる感じでした。


今回のツアーでは、フランクフルト、ニュルンベルク、シュトゥットガルト
に宿泊しましたが、どのホテルもきれいで、ブッフェの朝食も充実して
おいしかったです。
| | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドイツ クリスマスマーケットの旅 4  シュトゥットガルト
 2010年12月16日〜
クリスマスマーケットめぐりの旅、最後はシュトゥットガルトです。



「世界最大規模」といわれるシュトゥットガルトのクリスマスマーケットは、
市庁舎前のマルクト広場から旧宮殿にかけて、250もの屋台が
並んでいます。



特徴的なのは、屋台の屋根の装飾で、とても華やか!
それぞれに趣向をこらしていて、大掛かりなものも多いのです。
大きなトナカイの頭が電動で動いている屋台もあってびっくりしました。
写真を撮ったのですが、寒さのためかブレてて・・残念!



ドイツは、お水よりビールの方が安い、とか、おいしいワインもいろいろ
あるようですが、Pua Nani はお酒があまり得意じゃないので
せっかくなのに楽しめなくて残念でした。

次回は、ノイシュバンシュタイン城見学です。


| | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドイツ クリスマスマーケットの旅 3  ニュルンベルク
 2010年12月16日〜
ローテンブルクからバスで一時間半ほどで
ニュルンベルクに到着します。

まずは、カイザーブルク城見学。
歴代の神聖ローマ帝国皇帝の居城だったという重厚な石造りのお城です。



でも、閉門が4時半だったので、トイレへ行ってる人達を待ってるうちに
時間がなくなって、つらっと眺めただけで終了でした。
ちょっと残念!





しかたがないので、ニュルンベルクの街並を見下ろす風景を・・・。



街まで降りていく途中にお城を振り返って・・・。



街まで降りてきました。



中央広場で開かれているクリスマスマーケットへ向かいます。







聖セバルドス教会・・・だったかな?
外側からちょっと眺めて簡単な説明があったけど・・・?



ニュルンベルクのクリスマスマーケットはとても盛大で沢山のお店が並んでいます。



クリスマスリースを売っているお店。
クリスマスまであと一週間しかないのに、今からリースを買う人もいるのかな?




アレンジもあります。



こちらがグリューワイン。
シナモンやクローブなどの香辛料と、お砂糖などが入ったホットワインです。
マグカップは都市によっても年によっても、デザインが変わるので、
コレクションしている人も多いとか。
最初に5ユーロ支払いますが、カップを返せば、たしか2ユーロだったかな?
返金してくれます。
ちなみに、このカップは今、Pua Nani 宅の洗面所で、
ハブラシ立てとして活躍してくれています。



フラウエン教会(聖母教会)
教会の前で子供たち(聖歌隊?)が歌を歌ったりしてました。



ガイドブックによると、全部で170くらいの屋台が出ているそうで、
ニュルンベルクはシュトゥットガルト、ドレスデンと並んでドイツの
3大クリスマスマーケットのひとつだそうです。

あ、そうそう、中央広場の「美しの泉」の前、マクドナルドの隣だったかな?
にスーパーマーケットがあって、Pua Nani は、そこで
沢山のチョコなどの細々したお土産を確保しましたよ。





| | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドイツ クリスマスマーケットの旅 2  ローテンブルク
2010年12月16日〜
 クリスマスマーケットめぐりのツアーの朝は早いです。
6:30からレストランでブッフェの朝食。
7:15 にはバスに集合です。
でも、時差ぼけでほとんど眠れず、1時とか3時とかに
ちょこちょこ目が覚めていたので、大丈夫。
食べるのが遅いPua Nani は、もうちょっとゆっくり
食べたかったけど・・・。



フランクフルトからバスで約3時間、ローテンブルクへ。
途中、ドライブインでトイレ休憩があります。
トイレは有料で、入り口で70ec を機械に投入し、バーを押して
入っていく仕組みなので、小銭は必携です。
50ec のクーポンが出てきて、中の売店で買い物の時に
使えます。



ローテンブルクは、城壁の中に中世の街並がそのまま残っているようで、
今回のツアーでPua Nani が一番気に入った街でした。



でも、時間的に余裕がなくて、市庁舎や聖ヤコブ教会の中まで
ゆっくり見ることができなかったのが残念。
「中世犯罪博物館」も、恐いもの見たさでちょっと興味が・・・。
次回があれば、もう一度ゆっくりまわってみたいな!



上の画像は、「プレ−ンライン」といって、
ローテンブルク一番のビュースポットだそうです。
Pua Nani は勉強不足で知らなかったのですが、ツアーの人達が
皆、振り返って写真を撮っているのでまねっこして撮ってみました。



クリスマスの飾り付けが家々にあって、目を楽しませてくれます。



マルクト広場のクリスマスマーケットは、ちょっと小規模で、昼間だったので
開いてないお店も多かったです。
左の建物が市庁舎です。
奥の三角の建物が、からくり時計がある「市議宴会堂」です。



市庁舎を広場の奥の方から撮った画像。 重厚な建物ですねぇ。
中にも入ってみたかったなぁ!
上まで上がると、かわいい街並が一望に見渡せるそうです。



聖ヤコブ教会 ↑



ローテンブルクは、お店などの色々な看板も見どころです。
しっかり上も見てチェックします。



一年中クリスマス用品を売っている、ケーテ・ウォルファルト。
中は博物館のように広くてグッズがいっぱいです。
Pua Nani は、リースの形をしたブローチを買いました。



ウィンドウディスプレイも華やかで必見!



それぞれのお店が個性的にディスプレイしています。



看板 その2 レストラン・・・?  ホテル?



看板 その3  ・・・?




入り口のドアもクリスマス仕様



お土産やさん ・・・(たしか・・・)



こちらは、有料トイレ 50ec   管理人のおばさんがいます。



ブルク公園から城壁の中の街並をみた景色



城壁の中も歩いたりできるそうなので、それも次回のお楽しみかな?

次は、ニュルンベルクへ移動です。


| | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドイツ クリスマスマーケットの旅 1  フランクフルト
2010年12月、ドイツへクリスマスマーケットめぐりの旅をしました。
もう、ずいぶん経ってしまったので思い出しながらレポートしたいと思います。
(画像、多いです!)

まずは、ルフトハンザLH711便 10:25成田発 フランクフルトへ



12時間弱のロングフライト・ ・・、ずっとブーツのままじゃ辛いと思って、室内履きを用意しました。 正解でした。

でも、何しろ12時間なので、楽しみは食事・・・?





前回、DELTA のハワイ便は、スプーンとかがプラスチックでしたが、
ルフトハンザはステンレスです。



時間はた〜っぷりあるので、映画を観たり、フライト情報を見たり・・・。



おやつを食べて・・・
(Pua Nani はパウンドケーキにしましたが、おにぎりも選べました。)



そしてまた、食事・・・



14:10  やっと到着したフランクフルトは曇り空。
気温は日本よりずいぶん低いはずだけど、思ったほど寒くは感じませんでした。

フランクフルトでは、レーマー広場のクリスマスマーケットへ。



沢山の屋台が広場いっぱいに並んでいて、とてもにぎやか!



屋根などの電飾に工夫をこらしています。



ツリーのオーナメントのお店です。 すごい品揃え!
見ているだけで楽しいです。



周りの家並みもメルヘンチックでステキです。



バナナやイチゴやキィウィなど、いろんなフルーツにチョコレートをコーティングして売っているお店です。



旧市庁舎なども時間があればゆっくり見たかったのですが・・・。



ニコライ教会・・・だったかな?




子供たちに人気のメリーゴーランドも電飾で華やか!




あつあつのポテトのフライ?です。
アップルソースをチョイスしました。
もうひとつ選択肢があったのですが、何だったか忘れました・・・。




見て歩いているうちに雪が降ってきました。



みるみるうちに降り積もって、日も落ちて、雰囲気が出てきました。




ツアーによっては、着いてからさらにバスで何時間かかけて別の都市
へ移動し、初日にふたつぐらいクリスマスマーケットを廻るようなのもありますが、
Pua Nani は、体力的に楽な方がいいかな、と思って、
初日はひとつだけの今回のツアーにしました。

二日目は、ローテンブルクとニュルンベルクのクリスマスマーケットです。


| | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |