CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
チョーがっかりだったお話(食べ物の恨みは...)
最近、伊豆の方から横浜へ移って来たというブーランジェリーAさん、いつも行列だけど、時々買いに行っています。
今日もお昼頃行って、5.6人待ちの列に並んで、やっと順番が来て
「パンドミーを下さい」と言ったら、
「こちらのパンドミーは催事用で、今日お売りできる分は終了しました」とのこと。
沢山あるのが見えてるから行列に並んだのに〜!
そういうことなら、その旨張り紙をするとか、見えない所に置くとかして欲しかった。
わざわざ遠回りして行って、並んだ末の挙句の言葉に、本当にチョーがっかりでした。
なんだかちょっと殿様商売なんじゃないかしら?
「そうですか」と言って黙って帰って来た自分にも腹が立つ〜〜!!
| diary | 13:23 | comments(0) | - | pookmark |
ダルニー奨学金〜民際センター
今日はなんだかとても記念すべき日でした。

思い起こせば30年近く前、朝日新聞の小さな記事を読んで始めたささやかな寄付でした。
「タイの貧しい子供達を中学校に通わせてあげませんか?」
「一年に一万円の寄付で子供が一人中学校に一年間通うことができます。」

一年に一万円なら一か月千円未満。
それなら私にもできる!

ちょうど子育ての時期でした。
子供は生まれる国も親も選ぶことはできません。
自分の子供達は当然のように教育を受けることができる現実、よい環境にあることへの感謝の想いもありました。
あれからウン十年、毎回送っていただく会報も忙しさにかまけてろくに読みもせず、毎年の奨学生の顔写真と身上書をちらっと見るだけの日々でした。

今回、民際センター設立31周年にして初めて、ドナーに対する「感謝の会」が開かれるとお知らせをいただき、ずいぶん迷いましたが、こんないい加減なドナーでもお招きいただけるなら、と参加させていただきました。
会場は神保町の学士会館。



昭和3年(1928年)築の国の登録有形文化財の古い建物で私好み。

21年以上継続のドナーと企業などの団体で200名ほどの出席でした。



45才でセンターを立ち上げたという秋尾晃正会長ももう76才とのこと。
初めてお顔を拝見です。
私も年をとりました〜。



冒頭に、何人かのすっかり成人して社会で活躍している元奨学生の姿が映し出されて、知らない子なのに涙が出そうになりました。



評議員の阿刀田高さんのご挨拶があって、



タイ王国大使館公使からの感謝状の贈呈があって





エッセイストの酒井順子評議員からも。



会長から現状と今後についてお話があり、



センターの職員の紹介があって終わりました。



この後、立食形式の懇親会があったけど、私は人見知りなのでパスでした。

子供は地球の宝などと言われますが、よい教育と愛情はどの国の子供達にもできる限り沢山与えてあげられたらと思います。

昨今は日本の子供たちの貧困と格差もすごく気になりますね。
これからの日本を背負ってくれる子供達への真剣な取り組みが足りないように思えて心配です。


意思が弱くてグータラな私の人生でしたが、ダルニー奨学金を続けてきたのは唯一良いことをしたなぁ、と嬉しく思った今日の日でした。
| diary | 17:37 | comments(0) | - | pookmark |
藤田嗣治展
上野の東京都美術館で開催されている藤田嗣治展を見てきました。



藤田嗣治は明治の半ばに生まれ、26才でパリに渡ってから、その生涯の半分以上をパリで暮らした画家です。
最後はフランス国籍を取得し、キリスト教の洗礼も受けましたが、日本人のアイデンティティを失わなかった人です。



乳白色の下地に描かれる裸婦像と猫が有名です。

確かに画面の一部に 猫を描いた作品が沢山ありました。



芸術的センスも素養もないので、絵画はすべて「好きか?嫌いか?」もしくは「欲しいか、欲しくないか」です。

藤田の作品は後半生のニューヨーク時代の作品と晩年のフランスでの作品がいいなぁ、と思いました。




| diary | 16:45 | comments(0) | - | pookmark |
竹林の筍
ハナミズキ、藤の花、ライラック、モッコウバラ...



百花繚乱、春真っ盛り。
一番好きな季節です。



ご近所のせせらぎには鴨君がいるんですよ〜。
水の中に頭突っ込んで何か食べてるのかな?



竹林の筍はニョキニョキ伸びてこんな事になってます。
黒っぽいのが数本、見えるかな?





| diary | 08:00 | comments(0) | - | pookmark |
お城?
ウチのご近所のお城。



みたいだけど、結婚式場です。
時々、鐘が鳴ります〜!



夜の方が雰囲気がありますね〜。
ステンドグラスが綺麗そうなので、一度中に入ってみたいなぁ、と思ってるのですが今のところご縁がありません〜。


| diary | 10:12 | comments(0) | - | pookmark |
2018 初詣
お正月三が日のうちに初詣するのは初めてかもしれません。



目黒不動尊へお参りです。
「ゲアラカ」って何? と思ったら「カラアゲ」でした。

お祭り屋台が沢山出ています。



この階段を上がると、



もっとわんさか人がいて押すな押すなかと思ったら拍子抜け。



芋ようかんの舟和がお店を出していました。



「家内安全」と「福寄せの熊手」を買いました。
古いお札やお守りはお炊き上げに回収してもらえますが、「他社のものは受け付けません」ですって。
「排除」ってやつですか?

どうしてでしょうね。
もっと広い心で受け入れていただきたいものです。



境内には七福神の恵比寿さまもいらっしゃいます。



金運もぜひお願いします。





お参りも無事済んだので、すぐそばの「八つ目や にしむら」へ。



11時開店の少し前だったので、強い風が冷たかったけど頑張って並びました。
テーブル席を希望すると、少し離れたこちらに案内されます。



うなぎ 上 肝吸い、お新香つき



蓋に目黒不動が描かれています。




美味しくいただきました。
さぁ、今年も元気に頑張りましょう〜!
| diary | 16:11 | comments(0) | - | pookmark |
ボストン美術館の至宝展
東京都美術館で開催中の「ボストン美術館の至宝展」に行ってきました。



いつもは会期の終わりの方になって慌てて観に行くのですが、今回は早めに行くことができました。

現在50万点に及ぶ膨大な作品を所蔵しているというボストン美術館は、実際内部はどんななのかしら?と思いながら観終わると、最後にボストン美術館の紹介映像を見られるスペースがありました。
いつか、ボストンにも行ってみたいなぁ、と思います。



金曜日は時間延長で夜まで開館していて、18:30からは学芸員による作品の特別解説(イブニングレクチャー)が講堂でありました。



こんなイベントに参加したのは初めてでしたが、なかなかお勉強になって良かったです。
225名定員とのことでしたが、ほぼ満席でびっくりでした。
次回は8/18のようです。

| diary | 07:28 | comments(0) | - | pookmark |
スカイビルでランチ
10日ほど前の話ですが、お友達とランチ。
スカイビルの28階、階数が高いとお値段もお高くなるよねぇ、と恐る恐る回ってみたら、ここがお手頃。



もちろんお高いのもあるけど、2000円のランチ、華膳



ご飯ととろろはお替り自由。
木の椅子が硬くてあまりゆっくり楽しめなかったのがちょっと残念だったけど



ローストビーフがとっても柔らかくて美味しかった!!
デザートもついてたしね、ご馳走さまでした〜!
| diary | 09:36 | comments(0) | - | pookmark |
バベルの塔展
2週間ほど前ですが、東京都美術館の「バベルの塔展」に行ってきたのでした。



会期後半に入ってたので、かなり混んでいました。



「バベルの塔」の前にはロープが張られ、一列になって順番に鑑賞します。

係の人が絶えず「前の人に続いてお進み下さい」と繰り返し言います。

つまり、立ち止まらずさっさと歩いて下さい、ってことですね。



結構高い入場料を取って、撮影も禁止で、ゆっくり鑑賞することもできない日本の美術館ってどうでしょう?!

殿様商売はやめて、もう少しお客様ファーストの努力をしてほしいなぁ、と思ったことでした。
| diary | 10:15 | comments(0) | - | pookmark |
えむちゃん!
えむちゃん、
ご近所の藤の花が咲いたよ。



お誕生日おめでとう!

返事の来ないおめでとう、
2回目の春だね。



| diary | 22:05 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/15PAGES | >>