CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
横浜イングリッシュガーデン
今年も薔薇の季節になりました。



去年はちょっと出遅れ。



今年は去年より気温が高め。



ということで、去年より2週間早くGW中に。



それでも種類によっては結構満開でした。



横浜駅からの朝一番の送迎バスは激込みで...。



チケットを買うにもずいぶん並んだのは去年と同じ。



でも、今年はクレマチスが少なかった。



クレマチスはこれからなのかな?



グリーンもきれい!!



こんなのも。



水盤は去年と同じ。



これは「ゴールドコイン」? 「花ホタル」?



今年は白バラに心惹かれました。







今年のベストはこれ!



名前は「ル・ブラン」
ズバリ、「白」



でも、ほんのり縁がパープルなの!



美しい白バラでした。



今年もきれいなバラを楽しめてよかった!








| flower | 20:43 | comments(0) | - | pookmark |
世田谷線沿線散歩
好天で始まったGW。
今まで乗ったことのなかった東急世田谷線に乗って沿線散歩をしてみました。



世田谷線は一回150円なので往復で300円。
一日券は330円なので、一日券を購入しましょう。
窓口で直接駅員さんから買います。



まずは宮の坂駅で降りて世田谷八幡宮へ。





新緑がまぶしいです。


なかなか立派な八幡さまです。



今日は日がいいのかお宮参りのご家族の姿もありました。





次は線路の反対側にある豪徳寺へ。



松並木の参道。



かなり大きなお寺ですね。



大きくて立派な香炉。



三重塔。



三世仏と書かれています。
三の字は特殊な字です。
前世、現世、来世の3つの仏様がいらっしゃいます(と、ガイドのおじさまが)



小窓を開けると中にお賽銭箱があるという、変わったお堂でした。
お賽銭泥棒はできなそうです。

豪徳寺は招き猫で有名ですね。
お馴染みの沢山の招き猫達。



三重塔の2段目にいる可愛い猫ちゃんをガイドのおじさまに教えていただきました。
でも、改めて写真を撮ってみたけどうまく写らない。



ので、おじさまのアルバムの写真をパチリ!
かわいい〜!



井伊家の墓所。



ガイドのおじさまのアルバムを見ると四季折々お花や紅葉がきれいですが、今は牡丹の花が。



もうそろそろ終わりです。



次は少し歩いて松蔭神社へ。



こちらもお宮参りのご家族がいらしてました。



松下村塾。







わたし的には小栗旬くんが演じた松蔭が印象的でした。
なんだったっけ?と調べたら「八重の桜」でした。



松蔭の墓所。



西郷どんもそうだけど、幕末の動乱期についてはもう一度じっくり勉強しなくては、と思います。



お昼はお蕎麦。 「尚禅」



もう一ヶ所、と思って行ったのは上町駅の世田谷代官屋敷。



で〜も〜、おやすみ〜!



GWなのに、おやすみですか〜?



他にも何人かいらしてて、皆がっかりして帰りましたよ。
明日30日もお休みだそうです。
お役所仕事なんですね〜残念。



なので、これにて世田谷沿線散歩は終了。
1万歩くらい歩きました〜。




| 歴史もの | 16:27 | comments(0) | - | pookmark |
竹林の筍
ハナミズキ、藤の花、ライラック、モッコウバラ...



百花繚乱、春真っ盛り。
一番好きな季節です。



ご近所のせせらぎには鴨君がいるんですよ〜。
水の中に頭突っ込んで何か食べてるのかな?



竹林の筍はニョキニョキ伸びてこんな事になってます。
黒っぽいのが数本、見えるかな?





| diary | 08:00 | comments(0) | - | pookmark |
和布チクチクの会、椿、作りました〜!
季節はちょっと遅れちゃったけど、久々の和布チクチクの会の新作です。



作業のプロセスが沢山あって、なかなかの強敵でしたけど、出来上がったらとってもステキで満足〜!

でも、2個目を作ることはないかな〜?

本日のおやつ、あられ。
ネーミングがナイス!!



品名は「よいしょ もちあげ」
これだけでも買いたくなっちゃいますね。
なかなかです!




| 和布チクチクの会 | 17:11 | comments(0) | - | pookmark |
「ちりめん細工の今昔」展
たばこと塩の博物館で開催されている「ちりめん細工の今昔」を見に行ってきました。



たばこと塩の博物館は以前は渋谷にあったのですが、今はスカイツリーの近く、押上にあります。

まずはいきなりランチ。
「日本橋玉ひで」で親子丼。



カウンター席のみです。



青空にスカイツリーが映えます。
近くの桜はもうすぐ咲きそう。



ちりめん(縮緬)は細やかな「しぼ」をもつ優しい絹織物。
そのちりめんの残り布で作られた裁縫お細工物が「ちりめん細工」です。
江戸時代、御殿女中や武家、商家などの裕福な女性達によって生み出され、工夫されて受け継がれたちりめん細工は本当に細かくて手が込んでいてびっくりです。
これは袋物の底の部分。見えない所にここまでのこだわり!!




これは、つまみ細工。

つまみ細工は江戸中期に京都で考案され宮中の侍女たちによって伝承されました。



こちらは、きりばめ細工。

きりばめ細工は布地に一部を切り取った後、別裂をその形に切り取ってはめ込んだもので、とても高い技術を要しました。



押絵。

押絵は、絵を部分に分けて型紙を起こし、厚紙を切り、それぞれに綿をのせ、縮緬などでくるんだ部分を張り合わせていく手芸です。



江戸時代に宮中の女房達の間で始まり、江戸城大奥に伝わり、やがて武家の女性たちに広まっていきました。



明治時代、押絵は女性のたしなみとして女学校の教材に盛んに取り上げられました。



巾着や小箱、袋物などに用いられています。





子供に付ける迷子札。
裏に住所、名前などが書かれています。







現代のちりめん細工も。





細かい〜〜!!









カラフルで綺麗!



お雛さま



季節ごとの飾り物。



作り方も。



おなじみの吊るし飾りもたくさん!



江戸時代から続く女性の手仕事の素晴らしさを堪能しました。



最後に「梅園」でおやつ。
充実の一日でした。





| 和布チクチクの会 | 18:56 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/64PAGES | >>