CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
お彼岸
お彼岸ですね。
ご近所の彼岸花が今年も咲きました。



ハッとするような赤ではなく、優しいアプリコット色なのが気に入ってます。



昨日つぼみだったのが、



翌日にはきれいに咲いていました。



| flower | 14:35 | comments(0) | - | pookmark |
鳩山会館のステンドグラス
以前から一度行ってみたかった鳩山会館へステンドグラスを見に行ってきました。



豪華なエントランス。



鳩山会館のステンドグラスは小川三 知(さんち)というステンドグラス作家によるものです。



西洋のステンドグラスはキリスト教布武のためのものがほとんどですが、日本のステンドグラスはあくまでも建物の装飾の一部として作られました。



小川三知はそもそも日本画を志した人なので、美しい花々や景色などをステンドグラスで表現しました。



戦前の短い期間しか活動しなかったので、建物の老朽化と共に失われた作品も多く、現存するものは本当に貴重です。



食堂のステンドグラスはキウイの実のデザイン。



二階への階段、踊り場にある五重塔のステンドグラス。





玄関にも鳩のデザイン。



お庭の緑もきれいです。



スタッフのおじさまのお勧め、芸術的な照明の影。



日本のステンドグラスは美しいなぁ、と思った一日でした。



| レトロ&建物探訪 | 21:41 | comments(0) | - | pookmark |
藤田嗣治展
上野の東京都美術館で開催されている藤田嗣治展を見てきました。



藤田嗣治は明治の半ばに生まれ、26才でパリに渡ってから、その生涯の半分以上をパリで暮らした画家です。
最後はフランス国籍を取得し、キリスト教の洗礼も受けましたが、日本人のアイデンティティを失わなかった人です。



乳白色の下地に描かれる裸婦像と猫が有名です。

確かに画面の一部に 猫を描いた作品が沢山ありました。



芸術的センスも素養もないので、絵画はすべて「好きか?嫌いか?」もしくは「欲しいか、欲しくないか」です。

藤田の作品は後半生のニューヨーク時代の作品と晩年のフランスでの作品がいいなぁ、と思いました。




| diary | 16:45 | comments(0) | - | pookmark |
ラベンダー満開
ご近所の小さな公園のラベンダーが満開です。



風が吹くとかすかにラベンダーの香りがします。



でも、すくそばにカレープランツもあって、こちらの方がしっかりカレーの香りです。
カレーの香りのハーブ...不思議
!!

| flower | 22:30 | comments(0) | - | pookmark |
和布チクチクの会 梅のピンクッション
今月は梅のピンクッションを作りました。



柄合わせで色々な表情のピンクッションになります。
今回は時間内に完成したので満足度アップ〜!



ポイントは角のところに綿を多めに入れてぷっくりさせることです〜。
| 和布チクチクの会 | 08:03 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/66PAGES | >>