CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
「ちりめん細工の今昔」展
たばこと塩の博物館で開催されている「ちりめん細工の今昔」を見に行ってきました。



たばこと塩の博物館は以前は渋谷にあったのですが、今はスカイツリーの近く、押上にあります。

まずはいきなりランチ。
「日本橋玉ひで」で親子丼。



カウンター席のみです。



青空にスカイツリーが映えます。
近くの桜はもうすぐ咲きそう。



ちりめん(縮緬)は細やかな「しぼ」をもつ優しい絹織物。
そのちりめんの残り布で作られた裁縫お細工物が「ちりめん細工」です。
江戸時代、御殿女中や武家、商家などの裕福な女性達によって生み出され、工夫されて受け継がれたちりめん細工は本当に細かくて手が込んでいてびっくりです。
これは袋物の底の部分。見えない所にここまでのこだわり!!




これは、つまみ細工。

つまみ細工は江戸中期に京都で考案され宮中の侍女たちによって伝承されました。



こちらは、きりばめ細工。

きりばめ細工は布地に一部を切り取った後、別裂をその形に切り取ってはめ込んだもので、とても高い技術を要しました。



押絵。

押絵は、絵を部分に分けて型紙を起こし、厚紙を切り、それぞれに綿をのせ、縮緬などでくるんだ部分を張り合わせていく手芸です。



江戸時代に宮中の女房達の間で始まり、江戸城大奥に伝わり、やがて武家の女性たちに広まっていきました。



明治時代、押絵は女性のたしなみとして女学校の教材に盛んに取り上げられました。



巾着や小箱、袋物などに用いられています。





子供に付ける迷子札。
裏に住所、名前などが書かれています。







現代のちりめん細工も。





細かい〜〜!!









カラフルで綺麗!



お雛さま



季節ごとの飾り物。



作り方も。



おなじみの吊るし飾りもたくさん!



江戸時代から続く女性の手仕事の素晴らしさを堪能しました。



最後に「梅園」でおやつ。
充実の一日でした。





| 和布チクチクの会 | 18:56 | comments(0) | - | pookmark |
お城?
ウチのご近所のお城。



みたいだけど、結婚式場です。
時々、鐘が鳴ります〜!



夜の方が雰囲気がありますね〜。
ステンドグラスが綺麗そうなので、一度中に入ってみたいなぁ、と思ってるのですが今のところご縁がありません〜。


| diary | 10:12 | comments(0) | - | pookmark |
2018 初詣
お正月三が日のうちに初詣するのは初めてかもしれません。



目黒不動尊へお参りです。
「ゲアラカ」って何? と思ったら「カラアゲ」でした。

お祭り屋台が沢山出ています。



この階段を上がると、



もっとわんさか人がいて押すな押すなかと思ったら拍子抜け。



芋ようかんの舟和がお店を出していました。



「家内安全」と「福寄せの熊手」を買いました。
古いお札やお守りはお炊き上げに回収してもらえますが、「他社のものは受け付けません」ですって。
「排除」ってやつですか?

どうしてでしょうね。
もっと広い心で受け入れていただきたいものです。



境内には七福神の恵比寿さまもいらっしゃいます。



金運もぜひお願いします。





お参りも無事済んだので、すぐそばの「八つ目や にしむら」へ。



11時開店の少し前だったので、強い風が冷たかったけど頑張って並びました。
テーブル席を希望すると、少し離れたこちらに案内されます。



うなぎ 上 肝吸い、お新香つき



蓋に目黒不動が描かれています。




美味しくいただきました。
さぁ、今年も元気に頑張りましょう〜!
| diary | 16:11 | comments(0) | - | pookmark |
山手西洋館 世界のクリスマス 2017
今年もクリスマスの季節になりました。



恒例のクリスマスイベント、今年で何回目になるのかな?
今年は初日に制覇です。 12/1〜25



まずは、JR石川町駅裏の坂をぐぐっと上がってブラフ18番館。



今年はドイツ連邦共和国のクリスマス。





ドイツの冬は寒くて暗いんですよね〜。



せめて家の中は明るく、あったかく...。



このツリーの白いレースのオーナメント、とても繊細で素敵でした。



次はお隣、外交官の家。



こちらはルーマニア。

民族衣装や世界遺産の織物、工芸品などが飾ってありました。が、クリスマスの装飾はあまりなくて、ちょっと寂しい...。

次は、私の大好きなベーリックホール。
こんな曇りじゃなきゃ、もっと素敵なんだけど、残念!



こちらのテーマはオランダ共和国。



素敵な装飾が沢山ありました。



いつものかわいい窓。







綺麗なブルーのタイルなんだけど、うまく撮れなかった。



生の花はやはり素敵です。











次はお隣のエリスマン邸。



ここはデンマーク王国。











かわいいマスコット、見つけた!



お2階からの眺め。



やっぱりフレッシュに限る〜!



さぁ、残りはあと3館。



山手234番館は紅葉が綺麗。



でも、アメリカ合衆国の展示は写真を撮るほどの魅力なく...残念。

次は横浜市イギリス館。









またまた、かわいいマスコット?カエルを発見!



最後は山手111番館。



テーマはフランス共和国。





アマリリスって久々に見ました〜。









いつも必ず撮っちゃうトイレ。





7館回って今年も無事終了。



でも、年々、生の花材の使用が減って、装飾自体もショボくなってるなぁ、と感じます。
確かにフェイクの素材も完成度が高くなって進歩してるけど、クリスマスくらいもみの木やヒムロスギやクジャクヒバのウッディな香りに包まれたい...なぁぁ〜!

来年は期待してます〜!!

| flower | 16:04 | comments(0) | - | pookmark |
ボケの実
ボケの花って、小さな、丸い感じの赤い花ですよね?

でも、ボケの実っていうのがあるって知りませんでした。

それも、小さな花からは想像できないような大きな実!

初めて見ました〜。



これが、しばらく経ってちょっとしなびてくると、また味わい深いフォルムになるようなので、楽しみに経過観察しようと思っています。

| flower | 16:07 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/63PAGES | >>